TOP >> Q&A
「英検セミナー」を「英語セミナー」に名前を変えたのはなぜですか。

2020年から大学入試が英語の4技能評価になるんじゃよ。民間試験の英検®テストも合否判定に利用するから、英検®とすることになったんじゃ。
「英検®セミナー」はヘンじゃから、「英語セミナー」に変えたんじゃよ(笑)。英検®は公益財団法人日本英語検定協会の登録商標なんじゃ。
月謝や教材諸経費が他塾より安いのはなぜですか。

クルー全員がムダな経費をかけないよう、常に努力しているからじゃ。教材作成や印刷はもちろん清掃も全員でやるんじゃよ。地域密着型なので紹介の入会者が多く、年間広告費もあまりかからないよのう。家計を守る安い費用と良質授業の両輪で真面目に努力していれば、自然に地域の方々の理解を得られるものと、わしゃ、確信しているんじゃよ。
英会話に行っている小学生です。
英会話は高校受験に役に立ちますか。

英会話だけでは4技能入試(聞く・話す・読む・書く)になる高校受験にはあまり役に立たんのじゃよ。英語セミナーの英語授業は一流高校合格用だから4技能を明るく楽しくおもしろく教えるんじゃ。せっかく英会話をやってきたんじゃから、英語セミナーに入ってさらに英語を伸ばしてくれ〜い。英語学習経験者にピッタリの「先行クラス」や「特進クラス」があるんじゃ。
新小5です。小5クラスと小5特進クラスとでは、
どのような違いがありますか。

小5クラスは1時間半授業のゆるやかな進度で、小学生のうちに英検®5級に合格させるんじゃよ。小5特進クラス(αβ)は2時間半授業の早い進度で、小5で英検®5級・小6で英検®4級を受けていくんじゃ。英検®を早く受けたい生徒は小5特進クラスが合うよのう。どちらのクラスでも同じ教材だから曜日の都合で決めてくれ〜い。週1回じゃから、習い事が多い小学生でも負担にならんのじゃ。
新小6の母親です。「英語をやるのに、どうして算国のテストなの」と子供がきいています。

まだ英語のテストはできんので、とりあえず算国で受けてもらっているんじゃよ。カンタンじゃから、勉強してくる必要もないよのう。入会時の仮のクラス分けじゃから、気軽にうけてくれ〜い。英語を学習していく中で、クラス移動もあるし、習いごとの都合で変わることもできるんじゃよ。
新中1の保護者です。「無料出退メール」とは
どのようなものですか。

保護者の安心と生徒の安全のために、生徒の出席時と退出時に保護者携帯にメールでお知らせするものじゃ。生徒が自分の「無料出退メール」カードをパスモ・スイカのように読取機にタッチすると自動的に保護者携帯にメールが送られるんじゃよ。ポイントもつくから、150ポイントたまったら英語セミナーから図書カード500円分をプレゼントするんじゃ。大切なお知らせを保護者に一斉メールもするスグレ物じゃよ。実はホームページのQRコードの中にも、わしがいるんじゃよ(笑)。
新中3です。塾に行っていますが、
英語の先生はあまりよくありません。高校受験が心配です。

塾は全科目対象じゃから、先生は他科目も持っていて、英語だけに専念できないんじゃよ。週1回で能率学習をする英語セミナーと併用すれば相乗効果がグンと出るんじゃ。英語の偏差値はダントツに良くなるから、苦手科目で失敗しても英語でカバーできるんじゃよ。さらに英検®資格を取れば、推薦入試ではスゴク有利になるんじゃ。
英語セミナーは英検®合格が目的なのですか。

わしゃ、ハッキリ言うが、ちがうんじゃよ。英検®合格はあくまでもステップで、本当の目的は一流高校に合格させることじゃ。中2の秋ぐらいまではまだ目的意識が弱いので、目の前の目標をほんの少し勉強すれば実現できる英検®Jr.や英検®に置いて、「継続は力なり」を教えていくんじゃよ。中3では進研Vもぎ・進路指導・作文や小論文対策・面接対策・都立高の集団討論対策など一流高校合格のためにあらゆることをするんじゃよ。だから中3生徒は「英語セミナーって名前なのに英語だけじゃない」と驚くんじゃ(笑)。
私立中や公立中高一貫校生は
どうして個別英語指導部なのですか。

これらの学校は独自のカリキュラムで猛烈に早く進むので、小中部のクラス授業には合わんからじゃよ。英語セミナーの個別英語指導部はこれに対応するからたくさんの私立中や公立中高一貫校生がいるんじゃ。英語は中1で決まるんじゃが、これらの学校の中1は公立中より早く、中1の7月で「英語落ちこぼれ」がでるんじゃ。英語は階段のような科目じゃから、落ちこぼれてからは悲惨じゃよ。個別英語指導部で日本最高の新中1春期講習を受ければもう大丈夫じゃ。